坊さんでよかった!

おもしろい、かっこいい、すごいよ仏教!

お袈裟を縫う①

1998年2月21日、永平寺での生活が始まってから、1年が過ぎた頃だと思います。心身共に修行生活に慣れた頃です。

 

本など読んでみようかな という気分になりました。

 

というのも、永平寺には月に数回、決まった日時に業者がやって来ます。

本屋もそのひとつで、ふと手に取ったのが大法輪閣「袈裟の研究」久馬慧忠著 。言ってみればこの本こそ、私がお袈裟に携わるきっかけになりました。

しかし修行中は読むことも、縫うこともしませんでした。

初めてお袈裟を縫ったのは、永平寺での修行を終えて和歌山の寺に戻ってからです。

 

住職は勿論現役、副住職の私は正直あまりする事も無く、さらに永平寺との生活の差があまりにも大きくて・・・長い休憩と言いますか・・・。

 

燃え尽き症候群!?」とは言いませんが、とにかくいつもダラダラしていたことは覚えています。

 

そこで、「袈裟の研究」が出てくる訳です。暇だし、見よう見真似でプラモデルを作っていく感覚で取り敢えず作ってみようかという事で、

近くのダイエーで茶色の生地(手始めに1500円の物)を購入し絡子(ラクス お坊さんが首にかけている小さなお袈裟)を完成させました。

 

素人が見よう見真似で作成できるほど、「袈裟の研究」は丁寧にまとめられていました。この完成させた絡子を身につけて和尚の集まりに参加することで、少し変化が起こり始めます。

 

手縫いということは誰が見ても分かるほどの出来栄えでしたので、

 

「それ、手縫い!」と興味を示してくれる方。

「それは宗門では認めてられていないよね」と批判する方。

 

老僧の方ほど批判的な感想が多かったですね。

 

「えっ、手縫いのお袈裟って結構批判されるんだ」という驚きは正直ありました。

その一方で、色んな情報を提供してく方もいました。

その中の一つが、

お袈裟の会(手縫いのお袈裟を縫う集い)の存在です。

 

当時、奈良県で定期的にお袈裟の会を開いているお寺がある。という情報を教えてくれた方が「一緒に行ってもいいよ」というので、その言葉に甘えて連れて行ってくれる事になりました。

 

そこに先生として来られていた尼僧さんとの出会いが私のお袈裟への道を決定的なものにしてくれました。

 

続きはまた。