坊さんでよかった!

おもしろい、かっこいい、すごいよ仏教!

涅槃会

2020年2月15日

2月15日はお釈迦様入滅の日。かねてより予定していました涅槃会を行じます。

涅槃会

・法要 

・お話(涅槃図をもとにお話)

・入棺体験

 

参加してくれた皆様の関心は入棺体験。近くの葬儀社よりお借りした棺に交代で入ることに。

 

 元気なうちに自分で入ってみませんか?さあ、どなたか?では、私から。

 

ー 自分で入って自分で出てくる姿が何とも面白い ー

 

このような体験を企画した訳は、10年以上前に私が入棺体験をしたからです。

初めはどんな感じなのか、どんな感想を抱くのか。正直少し不安がありました。

 

初めて入ってみてどうだったか?(私の場合)

・程よい狭さが心地よく、寝心地も枕の質も良好。

・棺を取り巻く人々の顔が弧をえがき私を見つめている。

・その顔が一様に笑顔である。

・同じ空間にいながら、別世界観を味わえた。

・棺からの景色を知ることが死への恐怖軽減の一助になると確信する。

 

さて、皆様はどうかというと、

・携帯持参で入棺している自身の写真をお互いに撮り合う。

・棺の中からの景色を携帯で撮る。

・寝ながら、手を組む。合掌する。

・皆一様に笑顔である。

・入って良かったと口々に述べる。

 

入棺体験に関して、参加者のご家族の中には、ご本人に「やめてよ」という言葉をかけられた方もいたようです。(心からではありませんが、気持ちは理解できますよね)

 

ー 命あるもの必ず死す ー

ー 形あるもの必ず壊れる ー

 

まず、そこにしっかり目を向けることで、今後の方向性が明らかになって行くものです。

 

見なくてもいい物事に常に関心を寄せ。

見なくてはならない物事に無関心のまま過ごす。

 

この逆転は現代社会の在りようだと感じています。

 

何に目を向けるかが大事なことです。

合掌