坊さんでよかった!

おもしろい、かっこいい、すごいよ仏教!

寺の掲示板

2020年3月1日今月の 掲示

 

f:id:saifukuji:20200301075305j:plain

 

「不機嫌は立派な環境破壊だということを忘れないでいましょう」

ノートルダム清心学園理事長の渡辺和子さんの言葉を書きました。

 

(・・・不機嫌は立派な環境破壊だということを、忘れないでいましょう。私たちは時に、顔から、口から、態度から、ダイオキシンを出していないでしょうか。これらは大気を汚染し、環境を汚し、人の心を蝕むのです。笑顔で生きるということは、立派なエコなのです。

本文より)  「置かれた場所で咲きなさい」渡辺和子 著 幻冬社 

 

人間の感情はとても豊かです。そしてその感情はすぐに伝わって行きます。

鏡のように。

 

悲しみは、悲しみとして・・

不機嫌は、不機嫌として・・

笑顔は、笑顔として・・

 

心を許せる友人、家族に対しては特にそうかもしれません。これはとても有難いことです。私たちは多くの人との関わりの中で生きていますから、色々ありますし、大変な辛抱も抱きます。聞いてくれる相手、感情をあらわに出来る相手がいることで自分を保つことが出来ます。

 

でも・・やはり上手に変換できる力は付けていかないといけませんね。

 

良いことは自分から発信してみる。

よくない事の断ち切りもまた、自分からしてみる。

 

難しいことですが、

「こうありたいな」という「方向性」を保ち続けることが大事です。方向性が定まってくれば、自ずと今が変わってきますから。

 

「出来た」「出来なかった」をまっ先に置く必要はありません。

 

方向性を定めた上での「今」を大事にして生きたいと思います。

合掌