坊さんでよかった!

おもしろい、かっこいい、すごいよ仏教!

寺の掲示板

今月の掲示

2020年5月1日

「最も恐るるべきことは 心が荒むことである」

 

世の中は上手くいかない事だらけ。

損得・勝負けの世の中にあって「損よりも得」「負けよりも勝ち」が良しとされる流れは確かに大きく存在します。

 

人と人が密接に関係性を有している社会ですので、勿論、会社でも、学校でも、スポーツ界でも、年齢性別、フィールドに関係なくどこにでも存在します。

 

私が子供の頃は「日本昔ばなし」が放送されていました。楽しみに観ていたのを覚えています。この中のお話でよくあるのが、正直者のお爺さんとお婆さん。と、それとは反対の性格を有するお爺さんとお婆さんのストーリーです。

 

例えば「笠地蔵」のお話なんかはそうですね。

小欲知足で正直に生きる事の大切さを解いているお話です。

 

時に、

損を選ぶことは、歯をくいしばる程の忍耐を必要とします。

負けを認めることは、涙が溢れる程の屈辱を味わいます。

でも、それでいいのです。

 

心が「安心」であるためには、「得・勝」の関係性を断ち切る力を持たなくてはなりません。

 

「得よりも損」「勝ちよりも負け」の中にこそ「心の安心」はあります。

一方で

ーどうせ私なんか損ばかりー

ーどうせ私なんか負けばかりー という思いを抱いてはいけません。

 

私の大好きなアニメになりますが、「一休さん」はいつもこう言っています。

「慌てない 慌てない 一休み 一休み」

「慌てる」とは心が荒むと書きますね。

世の中は上手く出来ていますので大丈夫です。

 

例えば自分の心が荒まぬように動きを止めて、体の呼吸に合わせ坐禅する。

今、必要なのはそのような心のコントロールなのです。

合掌

 

f:id:saifukuji:20200506181310j:plain